[トップ][もどる]
当サイトの趣旨について
The Gist of This Website.

 当サイトは、剣と魔法の中世風ファンタジー作品に登場する用語の早引き事典です。
それら伝承の出自や語源など、リアル視点での解説を行っています。

 中世西洋風作品に登場するかどうかなので、現実の中世にはなかったものを扱う場合もありますし、実はあったけれどそれら作品には登場しないようなものは扱いません。
具体的には以下のようになりますので、リクエストの際の参考にしてください。

近世(王の時代)以前の世界観に、剣や魔法やモンスターが登場する。
 大海原を渡る大きな帆船が出てきたり。
 魔力その他の動力によるカラクリが使われていたり。
 光線銃など、超古代文明のトンデモ武器が出てきたり。
 それらの技術による空飛ぶ船が出てきたり。
 遺跡から人間そっくりの動く人形が出てきたり。
 東方にサムライニンジャの国があったり。
 その他部族のシャーマンとかが出てきたり。
  
作中で○→×にシフトするような場合は○の時代までが対象
 銃火器が開発されて剣や魔法の存在意義が揺らいだり。
 通信技術が開発されて魔法の存在意義が揺らいだり。
  
×近代(市民の時代)以降の世界観(剣や魔法やモンスターが登場しても)。
 コンクリートの街並みが広がっていたり。
 銃火器が普通に使われていたり。
 器械的な通信技術が使われていたり。
 魔法がプログラムで組まれていたり。
 現代〜近未来感満載の機械や巨大ロボットが登場したり。

過去のリクエストとこちらの判断例
済/既存留保却下/参考程度に記載

日本刀
タバコ
蒸気機関
紡織機
シャーマン
〜パンク
陰陽道/陰陽師
腕木通信
拳銃
小銃
大砲
アームストロング砲
マスケット銃
 火縄銃/マッチロック銃
 フリントロック銃
ボルトアクション銃
後装式ライフル
無線
電信/モールス信号
ラジオ

 以上にご納得頂けない、近代兵器なども扱って欲しいという場合は申し訳ありませんが別の情報サイトをお使い頂くようお願いします。