[トップ][もどる]
魔法
Magic(英)/Magie(仏)/Magia(伊)/Magie(独)
Magery(英)

 「Magic」とは、古代の宗教的儀式、およびそこから派生した超常能力全般を指す言葉。
前者に限定して定義すると、「主に儀式を通じて神(※1)にアクセスし」「その力を借りて超自然的な現象を起こす技術」となります。
例えば雨乞い儀式(※2)がその一種となりますし、モーセが起こしたとされる数々の奇跡(※3)もそれにあたるでしょう。
※1「神」は多神教の場合「精霊」に近似、また他宗教から見れば「悪魔」となりますので、「悪魔などの力を借りる技」と言うこともできます。
※2を炊き、祈りを捧げることで雨を降らす儀式。
科学的には、上空の湿った空気までを届け、その空気に振動を与えることで雨粒を生成する技術。原始科学。
※3神が指示した通りに行った結果、水や食料(マナ)を得ることができた等。

 宗教的儀式では信徒の心を惹きつける目的もあり、派手なパフォーマンスを必要としました。
すなわち儀式魔法であることが暗黙の前提であり、このパフォーマンス性が「Magic」に「手品」の意味がつくゆえんでもあります。

 古代宗教では、重要な局面において生贄を用いる例が多く見られます。
用いる生贄は主に動物や奴隷で、その儀式の重要度に応じて貴重な生贄を捧げます。
しかし旧約聖書の『創世記』22章「イサクの燔祭」(※)の話が広まるにつれ、生贄の習慣は非難され、衰退していくことになります。
神が求めたら息子さえも生贄に捧げるのかを試す話。
その解釈は様々で、「当時問題視されていた生贄の風習を諌めるために作られた話」「実は神の名を騙った悪魔にそそのかされかけた話」など。

 このMagicでは、「神の真の名」を用いることで魔法の力が高められると考えられています。
これはユダヤ教において神の名が一般には秘匿されたり、中世の悪魔儀式において「悪魔の名前を知るとそれを支配でき、逆に知られると支配される」という考えに繋がっていると考えられます。


 一方「Magery」は「Mage+-ery」で、「メイジの技術」の意。
起源等は不明で、一般に「呪文を用いて超自然的な現象を起こす技術」としてゲームなどで用いられています。