[トップ][もどる]
青銅
Bronze(英)/Bronze(仏)/Bronzo(伊)/Bronze(独)

 銅を主体として、を含む合金。広義で銅合金全般を指すことも。
通常、の割合が2〜35%程度のものを言いますが、歴史的には50%のものまで存在します。
以外の金属(主に亜鉛)が含まれている場合もあり、それらがの割合を超えることもあります。
身近な青銅に10円硬貨がありますが、これの成分比は1〜2%、亜鉛3〜4%となっています。

 青銅は紀元前3,500年頃のメソポタミア南部地方のシュメール(現在のイラク南部)で発明されました。
それまで使われていた銅よりも強く耐蝕性があり、それでいて融点が低く加工しやすいのが魅力です。
青銅は当初鋳造での加工が主で、日用品や装飾品祭具などを作るのに用いられていました。
後に研磨を行い武具や農具も作製されるようになっていきましたが思うほど鋭利にはならず、刃物というより鈍器に近いものでした。
やがて精錬技術の向上によって青銅より強く軽く鋭利にできるが加工できるようになると、その役割はに取って代わられていきました。

 青銅はその名前や銅鏡などの青銅器のイメージから青緑色と思われがちですが、それは緑青という銅のがそのような色であるだけで、びていない状態ではの含有量によって、赤銅色黄金色銀白色などの色となります(下表参照)。
青銅という名は一般に緑青の色に由来すると言われますが、青金()との合金であること、の次に多く含むことの多いが青色であること(青金と呼ばれることがあります)、それにより青銅が青味を帯びることがあるなども理由として考えられています。

特性用途
3%≒10円玉延性が最大(柔らかい)中国から日本に伝わった青銅。主に美術用途。「唐金」。
10%≒5円玉強度が最大頑丈で色味も良いため、武器、大砲の弾、祭事用の鏡など多岐。「砲金」。
17%≒500円玉硬度が最大(脆い)音響が良いので寺院の鐘に。「鐘銅」。
23%≒100円玉融点が低い一般的な銅鏡、仏具、食器など。「白銅(※)」「響銅砂張佐波理」。
歴史的な呼び名。
ニッケルを10%〜30%含む銅合金も現在「白銅」と呼ばれますが、これらは全くの別物。