[トップ][もどる]

人名地名事典
〜ケルト神話〜


 名称はカテゴリーごとに50音順で並べてあります。
ただし読み方が複数ある名称については1つの行にまとめてありますので、Ctrl+Fで検索をされた方が早い場合もあります。

  説明




アイルランドの先住民族である巨人フォモール族と、ノアの大洪水以後にアイルランドに渡ってきた5つの種族のうちの第四種族であるダーナ神族を中心とした神話。
ダーナ神族がアイルランドを手中に収めるも、後に第五の種族マイリージャ族に敗れ、妖精ディーナ・シーとしてティル・ナ・ノーグに移り住むまでの物語。
フォモール族アイルランド先住民族の擬神化と見られる巨人族。
ダーナ神族に破れ、海の怪物ロックランとなってマグ・メルに移住したとされます。
ダーナ神族第二の種族ネミディア族(ネメド族)のうち、北に逃れた者たちの子孫。
女神ダヌを主神とする神族で、第三の種族フィル・ボルグ族(ネミディア族の西に逃れた子孫)とフォモール族を倒してアイルランドを征服した種族。
その他 
地名 






1世紀頃のアイルランドの伝説。
英雄クー・フーリン、悲しみのディアドラ、等。
コノール王代のアルスター地方を中心とした物語。
人名 
その他 
地名 

 ィ



3世紀頃のアイルランドの伝説。
フィアナ騎士団が最も栄華を誇った、フィン・マクールがリーダーだった頃の、彼を中心とした物語。
人名 
その他 
地名 
マア
ビ│
ノサ
ギ│
 王
 伝
 説
マビノギは中世ウェールズの物語群で、物語の意。
現在ではマビノギオンの方の名でより知られていますが、これは本来は誤りです。
なお、『アーサー王伝説』はこれを基にした創作小説で、ヨーロッパ各地で訳されていくうちに各地の伝承なども取り込んでいったものです。
人名 
地名 


フォモール族

Formorians(英)/Fomors(英)

日本語英語摘要
エスニウEthniu
/Eithne
/Ethliu
/Ethlinn
バロルの娘で、ルーの母。
エラーサElatha
/Elathan
フォモール族の王子。
セスリーンCethlenn
/Cethlion
バロルの妻で、エスニウの母。
ダムヌDomnuフォモール族の主神で、深海の女神。
テスラTethra海神。フォモール族の王。後のマグ・メルの王。
バロル
/バロール
Balor
/Balar
/Bolar
フォモール族の王。一つ目の巨人で、その目に映るもの全てを破壊する力を持つ。
予言の子である孫息子のルーに殺される。
ブーリンナクBuarainechバロルの父で、フォモール族の王。


ダーナ神族/トゥアハ・デ・ダナン

Tuatha De Dannan(英)

日本語英語摘要
アイAi詩歌の神。
アナンAnann
/Anu
/Ana
ダナの別名?
エアームドAirmed薬草と治療の女神。
エリウEriu三相一体の女神で、戦女神。
オィングス
/オィンガス
Aengus
/Oengus
/Angus
愛と若さの美神で、ダグダの息子。
オグマOgma雄弁、霊感、言語を司る戦神で、ダヌの息子。
キアンCianルーの父。
クリドネCreidhne
/Credne
ブリジッドの息子で冶金職人。
ゴブニュ
/ゴウニュ
Goibniu鍛冶の神で、ダヌの息子。
非常に優れた武器を作るだけでなく優れた醸造者でもあり、彼の酒には治癒の能力があるとされる。
ダグダ
/ダグザ
Dagda大地の神で、ダヌの息子。
魔術と知恵と戦術と芸術に長ける。
四神器の1つである大釜と、生死を司る棍棒の所有者。
無類の粥好き。
ダヌ
/ダーナ
Danu
/Dana
主神。
ディアン・ケヒトDian Cecht医術の神で、ダヌの息子。ヌァダの銀の腕を作った。
ヌァダ
/ヌァザ
Nuada戦神で、ダーナ神族の王。後に銀の義手をつけ、銀の腕のヌァダと呼ばれる。
四神器の1つ、無敵の剣クラウ・ソラスの所有者。
フォモール族との再戦の際にクロウ・クルワッハに殺される。
バブドBodb運命の三女神。闇夜に血のついた衣服を洗う。
戦場に現れ、戦況に大きく左右する。そのため戦場はバブドの地とも呼ばれる。
バンバBanba三相一体の女神で、戦と豊穣の女神。
ビーグBeag女神。魔術が使える。
ビクイルBechuille魔女。
フォドラFodla三相一体の女神で、戦女神。
ブリジッドBrigid詩歌と治癒と家畜と鍛冶を司る豊穣の女神で、ダグダの娘。
通称の矢と力の女神。
ブレスBres豊穣の神。フォモール族のエラーサとダーナ神族のエリウの息子。
両族間の掛け橋として一時期アイルランドの王とされるが、暴君となったため失脚。その後フォモール族を再結集してダーナ神族に戦いを挑む。
ブレッグBregダグダの妻。
ブロナハBronach崖の女神。
ベビォンBebhionn
/Bebinn
地下世界の女神。
ボアーンBoann
/Boand
ボイン河の女神。
マナナン・マクリルManannan mac Lir海と豊穣の神で、リルの息子。
後のティル・ナ・ノーグの王。
マハMacha運命の三女神で戦女神。戦場で、戦死する者の武具を洗う。
ミディールMidir 
モリガンMorrigan運命の三女神で戦女神。
戦の前に死にゆく者の血のついた衣服を洗う。
リルLir海神で、ダヌの息子。
ルー
/ルーフ
Lugh
/Lug
/Lu
太陽神で、フォモール族のエスニウを母に、ダーナ神族のキアンを父に持つ。
あらゆる技能に秀で、祖父であるフォモール族の王バロルを殺すと予言された子。
四神器の1つである槍ブリューナク(Brionac/Spear Luin)と、フラガラッハ、魔弾タスラムの所有者。


ケルト神話-その他

日本語英語摘要
クロウ・クルワッハCrom Cruachバロルが生み出した暗黒竜。


ケルト神話-地名

日本語英語摘要
ティル・ナ・ノーグTir Nan Ogダーナ神族がマイリージャ族に敗れた後に辿り付いた地。
「常若の国」と呼ばれる理想の地。
マグ・メルMag Mell喜びの島と呼ばれる、海の底の死者の国。海底にある天国のようなイメージ。
ダーナ神族に破れたフォモール族が移り住んだ地。


アルスター伝説-人名

日本語英語摘要
アリル・マックマタAilill mac Mata
/Oilioll mac Mata
コナハトの王で、メイヴの夫。
イーガン・マクダッハEogan mac Durthachtコノール王の部下。槍でノイシュを殺害する。
エマーEmer
/Eimear
クー・フーリンの妻となる女性。
オイフェAife
/Aoife
影の国の女戦士。スカアハに匹敵する力を持つがクー・フーリンに敗れ、その代償として彼の子(コンラ)を孕む。
カスバドCathbadディアドラが不吉な娘だと予言したドルイド
クー・フーリン
/ク・ホリン
/セタンタ
Cu Chulainn
/Setanta
アルスター伝説の主人公で、ダーナ神族の太陽神ルーがデヒテラの中に宿した子。
クー・フーリンとはクランの猛犬の意で、セタンタが本名。
魔槍ガエ・ボルグ(ゲイボルグ)の所有者。
クランCulann鍛冶屋。館に自慢の番犬を所有するが、セタンタを招いたことを忘れてそれらを解き放ってしまう。
セタンタがこれを殺し、以後彼が館の番人となることを誓ったため、クー・フーリン(クランの猛犬)と呼ばれる。
コノール・マクネッサ
/コンホヴォル・マックニエッサ
Conchobar mac Nessa
/Conchobor mac Nessa
クー・フーリンの叔父。アルスターの王。
コンラConnla
/Conlaoch
クー・フーリンとオイフェの息子。優れた戦士に成長するも、父クー・フーリンとの戦いで絶命する。
スカアハ
/スカアサ
/スカサハ
Scathach影の国の女王で、クー・フーリンとフェルディアの師。
魔槍ガエ・ボルグをクー・フーリンに与える。
ダマンDamanフェルディアの父。
ディアドラDeirdre
/Derdriu
悲劇の娘。不吉な予言に従い隔離される。
美しく成長した彼女はノイシュと駆け落ちするが、コノール王に捕らえられてノイシュを殺されてしまい、彼女自身もまた自殺する。
デヒテラ
/ディルティーレ
Deichtine
/Deichtire
クー・フーリンの母で、コノール王の妹。
ネスNess後のコノール王の母で、アルスターの王女。
ノイシュNaoiseディアドラと駆け落ちした騎士。
スコットランドまで逃げるも、コノール王の部下イーガンによって殺される。
ファーガス・マクロイFergus mac Roichコノール王の叔父で、コナハト女王メイヴの恋人。
エクスカリバーのモデルとなったとされる剣カラドボルグの所有者。
フィンコムクー・フーリンの里親。コノール王の妹。
フェリミ・マクディルFedlimid mac Daillディアドラの父。
フェルディア
/ファーディア
Ferdiad
/Ferdia
スカアハの下でクー・フーリンの兄弟弟子となる戦士。
メイヴの策略でクー・フーリンと相殺する。
フォーガルForgallエマーの父で、ルスカ領主。
娘との結婚を阻むため、クー・フーリンに影の国のスカアハに会いに行くよう仕向ける。
メイヴMedbコナハトの女王。アルスターに長きに渡る戦いを仕掛け敗北するも、罠を仕掛けてクー・フーリンを亡き者にする。
レーグLaegクー・フーリンの御者。


アルスター伝説-その他

日本語英語摘要
ドゥン・クールニャDonn Cuailngeフィンヴェナフに匹敵するというアルスターの赤色の牡牛。
これを手に入れんとしてメイヴがアルスターに侵攻する。
フィンヴェナフFinnbhennachアリル王が手に入れたという白い角の牡牛。
メイヴがアルスターに侵攻した理由の一端。


アルスター伝説-地名

日本語英語摘要
エイン・マハ
/エヴァン・ヴァハ
Emain Machaコノール王が治めるアルスターの首都。
影の国Land of Shadowsスカアハのいる国。
コナハトConnacht女王メイヴの治める国。
ルスカLusca
/Lusk
クー・フーリンが求婚したエマーの住む国。


フィアナ伝説-人名

日本語英語摘要
オーシン
/オシーン
Oisin
/Ossian
フィンとサヴァの息子の戦士。
オスカーOscar
/Osgur
オーシンの息子。
クールCumhal
/Cumal
フィンの父で、フィアナ騎士団の先のリーダー。
ケイラウトCailte
/Caoilte
フィアナ騎士団の騎士で、詩人。
海神リルに殺される。
コーマック・マクアートCormac mac Airtアイルランドの王。
コナン・マクモーナ
/コナン・マオ
Conan Mac Moirna
/Conan Maol
フィアナ騎士団の騎士。決して戦場から逃げはしなかったが、肥満で貪欲。
サヴァSadbhフィンの妻。
フィネガスFinnecesフィンの師匠のドルイド。自らのために知識の鮭フィンタンをボイン河で捕まえるようフィンに命じるが、フィンが予言の子と知り、それを彼に与えた。
フィン・マクール
/ディムナ
Fionn mac Cumhaill
/Finn mac Umaill
/Deimne
戦神ヌァダの曾孫。フィアナの領主で、フィアナ騎士団のリーダー。
フィンは美しいという意味のあだ名で、ディムナが本名。
ルガイド・ストロングハンドLughaid Stronghandフィンの甥で、海神マナナンの娘のオイフェの恋人。


フィアナ伝説-その他

日本語英語摘要
フィンタンFintanフィネガスがフィンに探してくるように命じた、食べるとあらゆる知識を得られる鮭。


フィアナ伝説-地名

日本語英語摘要
ターラ
/タラ
Tara化け物が現れ、フィンがこれを退治した地。
フィンがフィアナ領主になり、また、フィアナ騎士団のリーダーとなるきっかけ。


マビノギ/アーサー王伝説-人名

日本語英語摘要
アラウンArawnアンヌンの王。
アリアンロッドArianrhod海の女神。
アルスル
/アルサル
Arthrカムリの王で、キルッフの親戚。呪いをかけられたキルッフに助力する。
アーサー王伝説』のアーサー王。
イーニッドEnide
/Enid
インウニル卿の娘で、ゲライントの妻。
イウェリッドIweriddリールの妻。
イオルオウェルスマレディズの息子。兄のマダウクと遺産相続争いをする。
イスバザデンYsbaddaden巨人。オルウェンの父で、彼女が嫁ぐ時に死ぬ運命にある。
ヴィヴィアンVivian
/Vivien
アーサー王伝説』で、アーサー王に2本目の剣(エクスカリバー)を貸し与えたの貴婦人。
ウリエンUrienオウェインの父。
エヴラウクEvrawcゴグレズの王。ペレドゥルを含む7人の息子がいたが、まだ幼かったペレドゥルを除いて、王本人も含めて全て戦死する。
エデルンEdernゲライントと対決した騎士。ゲライントがイーニッドと結婚するきっかけでもある。
エルビンErbinゲライントの父。
オウェインOwain
/Owein
アルスル王の家臣。泉の騎士を倒し、その妻である泉の貴婦人の新たな夫となる。
オルウェンOlwen巨人イスバザデンを父に持つ娘。キルッフに求婚される。
カイCaiアルスル王の家臣の魔法戦士。キルッフと旅を共にする。
アーサー王伝説』の円卓の騎士の1人ケイ卿(Sir Kay)。
ガウェインGawain
/Gawein
アーサー王伝説』に登場する円卓の騎士の1人。
ガラハド
/ガラハッド
Galahad
/Galaad
アーサー王伝説』で、ランスロットの息子。
キリッズKilyddキルッフの父。ドゲド王を殺し、その妻を再婚相手として迎える。
キルッフ
/キルフーフ
Culhwch『キルッフとオルウェン』の主人公。
父の再婚相手の連れ娘との結婚を拒否したためその継母に呪いをかけられ、それを解くためにオルウェンを妻とするべく旅立つ。
キンデリックKinderikアルスル王の家臣。
グウェンホヴァルGueneverアーサー王伝説』のグウィネヴィア(Guinevere)。
アーサー王の妻であり、ランスロットの恋人。
グルヒルアルスル王の家臣。動物を含め、あらゆる言葉を通訳する。
グワルッフマイGwalchmeiアルスル王の甥。『アーサー王伝説』の円卓の騎士の1人ガウェイン卿(Sir Gawain)。
ゲライントGeraint
/Gereint
アルスル王の家臣。妻が浮気していると疑い、周囲が見えなくなる。
タリエシンTaliesin6世紀末に実在した吟遊詩人。彼のまとめた詩集を、マビノギの中でも「タリエシン」と呼ぶ。
ドゲドDogedキリッズに殺され、妻と領地を奪われた某国王。
トリストラムTristramアーサー王伝説』に登場する円卓の騎士の1人。
ハウゲンHafganアラウンとアンヌンの覇権を巡って戦うが、アラウンに協力したピウィールに倒される。
ピウィール
/プール
Pwyllダヴェドの大公。アンヌンの王アラウンを助けてハウゲンと戦った。
ブランBran虐待を受けた妹のブランウェンのため、アイルランドに対して戦争を起こす。
ブランウェンBranwenアイルランドの王妃となるが、虐待を受ける。
プリュデリPryderiピウィールの息子。
ベイリン
/バリン
Balin アーサー王伝説』に登場する円卓の騎士の1人。
ベディヴィアBedivere
/Bedywyr
アーサー王伝説』に登場する円卓の騎士の1人。
ベドウィルBedwyrアルスル王の家臣の槍使いで、カイの片腕。美男子。
ペレドゥルPeredurエヴラウクの息子。長槍のペレドゥルの名で知られる修羅。
アーサー王伝説』の円卓の騎士の1人パーシヴァル(Perceval/Percival/Parzival)。
ボールスBorsアーサー王伝説』に登場する円卓の騎士の1人。ランスロットの従兄弟。
マースMathマソヌウイの息子。アリアンロッドを妻にしようとする。
マーリンMerlinアーサー王伝説』で、アーサー王の後見人の魔法使い。
マソヌウイMathonwyマースの父。
マダウクマレディズの息子。弟のイオルオウェルスと遺産相続争いをする。
マナウィダンManawydan海神マナナン・マクリルに対応。魔法の力を持ち、神々と戦う農夫。
メヌウアルスル王の家臣。自分や周囲の者の姿を消すことができる。
モードレッドMordred
/Modred
アーサー王伝説』中のアーサー王の甥。謀反を起こした。
モルガン・ル・フェMorgan le fayアーサー王伝説』で、アーサー王の義姉妹の魔法使い。
ランスロットLancelotアーサー王伝説』に登場する円卓の騎士の1人。アーサー王の妻であるグウィネヴィアに熱愛したために円卓の騎士崩壊へ繋がる。
の貴婦人ヴィヴィアンに育てられた。
リールLlyrブランとブランウェンとマナウィダンの父。海神リルに対応。
リヒアンノンRhiannonピウィールの妻。
リムリスLimwris瀕死のゲライントとその妻イーニッドを見て、ゲイラント亡き後イーニッドを自分の妻として迎えようとする伯爵。
ロナブイRhonabwy『ロナブイの夢』の主人公。遺産相続争いでマダウク側につく。
道中取った宿で、アルスル王に関する夢を見る。


マビノギ/アーサー王伝説-地名

アンヌンAnnwn地下の国。
ゴグレズ北イングランドに位置する国。
ダヴェドDyfedウェールズ南西に位置する国。