[トップ][もどる]

人名地名事典
〜ギリシア神話〜


 名称はカテゴリーごとに50音順で並べてあります。
ただし読み方が複数ある名称については1つの行にまとめてありますので、Ctrl+Fで検索をされた方が早い場合もあります。

 一覧はギリシア神話を基調とし、ローマ神話に対応する存在があればそちらも記述しています。
ローマ神話はギリシア神話を取り入れてそれを自分らの言葉に置き換えたものが元で、基本的にギリシア神話の部分集合となっています。
ただし中にはローマ神話独自のものも存在します。

/!\工 事 中/!\

 説明
創世期の神々創世期〜ゼウスが主神になるまでの神々。
オリンポス十二神
オリュンポス十二神
ゼウスを中心とした主要12神。
その他の神々上記以外の神々。
巨人族巨躯を持つ神々や怪物。
ゼウスら神々との戦いの歴史を持ち、これは北欧神話の巨人族とアース神族をモデルにしているとされる。
ニンフ特定の自然に関連づけられた下級神(女神が殆どだが、一部男神も含まれる)。
自然の象徴、擬神化。
人名人間の英雄など。
地名 
  

創世期の神々

Primeval gods/First gods

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Aetherアイテル
/アイテール
  エレボスとニュクスの息子。宇宙と天国を司る天空の神。
Uranus
/Ouranos
ウラノスカエルス
/カイルス
Caelusガイアの息子にして夫。空を意味する天空、天界の神。
ギリシア神話初の主神。
Erebus
/Erebos
エレボス  カオスから生まれた地下の暗黒神。闇の意。
ハデスが治める冥界の一部(魂の通路)を管理している冥界の神。
Erosエロスクピド
/キューピッド
/アモル
Cupid
/Amor
カオスから生まれた、愛と淫欲を司る神。
ローマ神話では、恋の矢と弓を携えている。
Gaia
/Gaea
ガイア
/ゲー
テラ
/テルス
Terra
/Tellus
カオスから生まれた大地の女神。
Chaos
/Khaos
カオス
/ケイオス
  ギリシア神話の最初の神。虚空の裂け目(口)を意味する混沌の神。
ガイア、タルタロス、エロス、エレボス、ニュクスらの産みの親。
Chronos
/Khronos
/Chronus
クロノスサトゥルヌス
/サターン
Saturnカオスから生まれたとされる時の神。ティタン神族の農耕神クロノス(Cronus)とは別なので注意。
なお特に記述がない限り、本記事中のクロノスとは農耕神の方を指すものとする。
Tartarus
/Tartaros
タルタロスタルタロスTartarusカオスから生まれた、ハデスの治める冥界より深い地下世界を治める神。
ローマ神話では単にその場所の名前で、罪人が送り込まれる所。地獄。
NyxニュクスノクスNoxカオスから生まれた、娘ヘメラと双対を為す夜の女神。
Hemeraヘメラ  エレボスとニュクスの娘で、アイテルの妹。
母ニュクスと双対を為す昼の女神。
Pontusポントス  アイテルとガイアの息子で、海の象徴。

  

オリンポス十二神

The twelve gods of Olympus/The twelve Olympians

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Athena
/Asana
アテナミネルヴァMinerva父ゼウスの寵愛を受ける彼の娘で、知識と戦略と戦争と勝利の女神。イージスの盾の持ち主。
Aphroditeアフロディーテ
/アプロディテ
ウェヌス
/ヴィーナス
Venusクロノスが切り落としたウラノスの性器から生じたとされる美の女神。
異説ではゼウスとディオネの娘とも。
Apollo
/Apollon
アポロン
/アポロ
アポロApolloゼウスとレトの息子。と弓と詩歌と音楽の神。月の女神アルテミスとは双子。
の神であることや、月の女神を姉妹に持つ共通点などから、太陽神ヘリオスとしばしば混同される。
Artemisアルテミスディアナ
/ダイアナ
Dianaゼウスとレトの娘で、の神アポロとは双子。
狩猟と出産を司る月の女神。
Aresアレスマルス
/マーズ
Marsゼウスとヘラの子で戦神。
戦略を司るアテナに対し、アレスは暴挙と破壊の象徴とされる。
Zeusゼウスユピテル
/ジュピター
Jupiterクロノスとレアの末息子。父クロノスを倒し、ギリシア神話の主神となる。雷神。
Demeter
/Demetra
デメテルケレス
/セレス
Ceresクロノスとレアの娘で、ゼウスの姉。
季節を運ぶ農耕の女神で地母神。
HestiaヘスティアヴェスタVestaクロノスとレアの長女で、ゼウスの姉。かまどの女神。
ヘスティアの代わりに、ぶどう酒の神ディオニュソス(Dionysus|バッカス/バックス(Bacchus))が十二神に数えられることもある。
Hephaestus
/Hephaistos
ヘパイストスウルカヌス
/ヴァルカン
Vulcanゼウスとヘラの息子で、鍛冶と芸術と金属とと火山の神。
Heraヘラユノ/ジュノーJunoクロノスとレアの娘で、ゼウスの姉にして妻。
縁結びの結婚の女神。
Hermesヘルメスメルクリウス
/マーキュリー
Mercuryゼウスとマイアの息子で、商業と旅人と伝令と牧羊と泥棒の神。
Poseidonポセイドンネプトゥヌス
/ネプチューン
Neptune
/Neptunus
クロノスとレアの息子で、ゼウスの兄。海洋神。

  

巨人族/ジャイアント/ジャイアンツ(Giant/Giants)

アロアダイ(Aloadae)


ギガス(ギガース)/ギガンテス(Gigas/Gigantes)

キュクロプス/サイクロプス(Kyklops/Cyclops)

ティタン神族/タイタン(Titan/Titans)

ヘカトンケイル/ヘカトンケイレス
(Hecatonchir/Hecatonchires)
(Hekatonkheir/Hekatonkheires)


その他の巨人族(分類不明)
…ポセイドンとイピメデイアの双子の子ら。
ポセイドンの子アロエウスとの間の子とも言われるが、アロエウスはイピメデイアの夫であるだけ。
ゼウスらオリンポス12神に戦いを挑むが敗れる。
…クロノスが切り落としたウラノスの男性器の血によって、ガイアが身篭ったとされる子ら。
オリンポスの神々に戦いを挑む(ギガントマキア)。
…丸い目の意味の単眼の巨神族。原則としてウラノスとガイアの3人の子ら。
ゼウスの、ポセイドンの三叉矛、ハデスの身隠し兜の製作者。
…狭義でウラノスとガイアの12人の子ら。
広義で、それらを含む、ゼウスに敵対した(ティタノマキア)巨神族ら。
…ウラノスとガイアの3人の息子ら。
100の手の意味で100の腕と50の頭を持ち、ティタン、キュクロプスら他の巨人族より強いとされる。
ウラノスによってタルタロスに幽閉されたがゼウスに解放され、ティタノマキアにおいてティタン神族らを圧倒した。


 
  

アロアダイ

Aloadae

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Ephialtes
/Ephialtis
エピアルテス   
Otusオトス   
  

ギガス(ギガース)/ギガンテス

Gigas(ギリシア単)/Gigantes(ギリシア複)

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Agriusアグリオス  野蛮な男の意。
運命の女神のモイラらに銅の棍棒で殴り殺された。
Athosアトス  アトス山のギガス。アトス山をゼウスに投げつける。
Alcyoneus
/Alkyonios
アルキュオネウス  生誕の地パレネでのみ不死身のギガス。
ヘラクレスに殺される。
Eurytosエウリュトス  ディオニュソスに杖で殺された。
Eurymedonエウリュメドン  パイエケス王家の祖。対ゼウス戦で、先陣に立って戦った。
Echionエキオン   
Epialtesエピアルテス  アポロンに左眼、とヘラクレスに右眼を貫かれ殺される。
Enceladus
/Enkelados
エンケラドス  ゼウスとの戦いに敗れ、アテナによってエトナ山に埋められたギガス。
彼の呼吸が噴火、および蠢きが地震であると言われる。
Ogygosオギュゴス   
Ophionオピオン   
Clytias
/Klytias
クリティアス   
Pallasパラス  アテナに皮を剥がれ、対ギガス戦のための鎧にされたギガス。
Hippolytosヒッポリュトス  被ると身を隠せるハデスの帽子を被ったヘルメスに殺される。
Polybotesポリュボテス  ポリュボテスが投げつけた島の一部の下敷きにされた。
Porphyrionポルピュリオン  アルキュオネウスと並ぶギガス族の2大怪力。
ヘラを強姦しようとしたが、ゼウスの落雷に打たれ、最後はヘラクレスの矢で失命する。
Mimasミマス  へパイストスに溶鉱を投げつけられて殺された。
Rhoikosロイコス   
Rhoitosロイトス   
  

キュクロプス/サイクロプス

Kyklops(希)/Cyclops(英)

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Argesアルゲス  ウラノスとガイアの息子で、落雷(Brightener。輝く者)の意。
Steropesステロペス  ウラノスとガイアの息子で、雷光(Flasher。閃光)の意。
Brontesブロンテス  ウラノスとガイアの息子で、雷鳴(Thunderer。の音)の意。
Polyphemusポリュフェモス  ポセイドンとトオーサの息子。
ホメロスの『オデュッセイア』に登場する化け物。
  

ティタン神族/タイタン

Titan/Titans

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Asteriaアステリア  コイオスとポイベの娘で、星座の女神。
Astraeusアストライオス  クレイオスとエウリュビアの息子、あるいはタルタロスとガイアの息子のギガンテスとも。
占星学の神。
Atlasアトラス  イアペトスとクリュメネの息子。
ティタン神族を率いてゼウスに挑むが敗れ、その後天を支える役目を負わされる。後にペルセウスに石化させられ、これがアトラス山脈となる。
Iapetusイアペトス  ウラノスとガイアの息子。
息子ら(アトラス、プロメテウス、エピメテウス、メノイティオス)らも含めてゼウスと敵対した中心的人物。敗北後、タルタロスに追いやられる。
Epimetheus
/Epithemeos
エピメテウス  イアペトスとクリュメネの息子。後知恵の意味で、先見のプロメテウスとはペアで扱われる。
災いの箱を開けたパンドラの夫。
Oceanus
/Oceanos
/Okeanos
オケアノス  ウラノスとガイアの長男で、外洋の神。海流の象徴。
世界の果て(世界=円盤)を司る。海の女神テテュスの夫で、3,000人のオケアニドの父。
Criusクレイオス  ウラノスとガイアの息子。
エウリュビアとの間にアストライオス、ペルセス、パラスらを設ける。
Cronus
/Cronos
/Kronos
クロノス  ウラノスとガイアの末息子で、農耕の神。
父ウラノスから主神の座を奪うが、我が子に同様にしてその座を奪われると予言され、生まれてくる子らを次々と飲み込む。しかし妻レアがゼウスの代わりに石を飲ませ、やがて成長したゼウスに予言通りその座を追われた。
Coeus
/Koios
コイオス  ウラノスとガイアの息子で、知略のティタン。ポイベとの間にレト、アステリアを設ける。
アポロ、アルテミスらの祖父。
Theia
/Thea
/Thia
/Euryphaessa
テイア
/エウリュパエッサ
  ウラノスとガイアの娘で、光景と輝きの女神。別名のエウリュパエッサは神聖なという意味。
兄弟のヒュペリオンとの間にヘリオス、セレネ、エオスらを設ける。
Dioneディオネ  ウラノスとガイアの娘。
名前がゼウスの女性形であることからゼウスの女性体だとも。また、レアの別称であるとも言われる。
なおヘシオドスによればティタン神族ではなく、オケアニドであるともされる。
Tethysテテュス  ウラノスとガイアの娘で、海の女神。
海神オケアノスの妻で、3,000人のオケアニドの母。
ThemisテミスユスティティアJustitia
/Iustitia
ウラノスとガイアの娘で、自然界の掟の意。デルフォイ神託所の創始者。
ローマ神話のユスティティアでは正義の淑女として知られる。
Hyperionヒュペリオン  ウラノスとガイアの息子で、観察を意味する太陽神。
一般的に太陽神を指す場合、息子のヘリオスとペアで考えられることが多い。
Prometheus
/Prometheos
プロメテウス  イアペトスとクリュメネの息子で、先見の意。不死。
人間にを与えたためゼウスにカウカソス山に拘束され、生きたままハゲタカに内臓を食われ続けた。
Phoebeポイベ  ウラノスとガイアの娘で、アポロンとアルテミスの祖母。
デルフォイ神託所の管理を創始者テミスから任されるが、後に孫のアポロンにその役目を譲る。
Mnemosyneムネモシュネ  ウラノスとガイアの娘で、記憶の象徴。
ゼウスとの間に9人のミューズを設ける。
Menoitiosメノイティオス  イアペトスとクリュメネの息子。
ゼウスに敵対するもののに打たれ、父と共にタルタロスに落とされた。
Rhea
/Ria
レアオプスOpsウラノスとガイアの娘で、クロノスの妻。
デメテル、ハデス、ヘラ、ヘスティア、ポセイドン、ゼウスら後の主要神らの母。
Leto
/Lato
レトラトナLatonaコイオスとポイベの娘で、ゼウスとの間にアポロンとアルテミスを設ける。
  

ヘカトンケイル/ヘカトンケイレス

Hecatonchir/Hecatonchires

Hekatonkheir/Hekatonkheires

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Gyges
/Gyes
ギュゲス  巨肢(Big Limbed)の意。
Cottusコットス  激烈(Furious)の意。
Briareus
/Aegaeon
ブリアレオス
/アイガイオン
  活力(Vigorous)の意。
  

その他の巨人族

Unknown giants

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Argusアルゴス  イナコスとメリアの息子。全てが眼の意で、全身に100個の眼を持つ巨人。
同時に全ての眼が眠りにつくことはなく、番人として活躍した。
彼の主人であるヘラに、雌牛(彼の妹であるニンフのイオの変身した姿)を夫ゼウスの手から護るように言われたが、ゼウスが差し向けたヘルメスによって殺される。
Antaeusアンタイオス  ポセイドンとガイアの息子で、リビアの巨人。
大地に足をつけている限り無敵を誇り、旅人をレスリングで殺してはその頭蓋骨をポセイドンの寺院に飾っていた。
最後はヘラクレスに持ち上げられて倒される。

  

ニンフ(Nymph/Nymphs)

├陸のニンフ
│├アウロニアド/アウロニアス(Auloniad/Auloniads)
││/アウロナイド/アウロナイス(Aulonaid/Aulonaids)
│├アルセイド/アルセイス(Alseid/Alseids)
│├エピメリアド/エピメリアス(Epimeliad/Epimeliads)
│├オレアド/オレアス(Oread/Oreads)
││└プレイアド/プレイアデス(Pleiad/Pleiades)
│├ドライアド/ドリアード(Dryad/Dryads)
││└ハマドライアド/ハマドリュアス
││(Hamadryad/Hamadryads)
││メリアイ(Meliae)
│├ナパイア/ナパイアイ(Napaea/Napaeae)
│├ヘスペリド/ヘスペリデス(Hesperid/Hesperides)
││
│└レイマキド/レイマキス(Leimakid/Leimakids)

├水のニンフ
│├オケアニド/オケアニス(Oceanid/Oceanids)
││
│├ナイアド/ナイアス(Naiad/Naiads)
││├エルレイオノーメ(Eleionomae)
││├クリネイ/クリネイエ(Crinae/Crinaeae)
││├コリキアン(Corycian)
││├セイレーン/セイレーネス/サイレン
│││(Siren/Sirens/Seirenes)
│││
││├ペガイア/ペガイアイ(Pegae/Pegaeae)
││├ポタメイド/ポタメイデス(Potameid/Potameides)
││└リムナド/リムナデス(Limnad/Limnades)
││リムナティド/リムナティデス(Limnatid/Limnatides)
│├ネレイド/ネレイス(Nereid/Nereids)
│└ヘレアド/ヘレアス(Helead/Heleads)

その他のニンフ(分類不明)

…牧場。

…峡谷、木立。
…羊の守護。
…山。アフロディーテに関係。
…アトラスとプレイオネの7人の娘ら。キュレネ山に棲むオレアドで、アルテミスの従者。
…樫の樹。
…樹。

…マンナトネリコの樹。
…樹の茂った谷あい、峡谷、洞窟。時によりアルテミスの従者。
…黄金の林檎の樹があるヘスペリデスの園の管理者。庭師。
エレボスとニュクス、アトラスとヘスペリウス、ポルキュスとケトなど両親については諸説。
…牧草地。


…オケアノスとテテュスの3,000人の子(男神含む)ら。
海、川、泉、地下水、など多岐。
…真水(海水と以外)。
…湿地帯。
…泉(Fountain)。
…コリキア洞窟(パルナッソス山)の聖泉。
…シチリア島付近にある岩が3つある小島(Sirenum Scopuli。サイレナムスコプルリ)。
父はアケロオスかポルシス、母はテルプシコレかメルポメネかステロペのいずれか。
後に人魚または鳥女のイメージで語られるようになる。
…湧き水(Spring)。
…川。
…湖。

…ネレウスとドリスの50人の娘ら。地中海。


 
  

アウロニアド/アウロニアス

Auloniad/Auloniads

アウロナイド/アウロナイス

Aulonaid/Aulonaids

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Eurydice
/Eurydike
エウリュディケ  テッサリアのピネイオス川の谷のニンフ。
オルフェウスの妻になるが、新婚早々に毒蛇に噛まれて死亡する。
オルフェウスはハデスに頼み彼女を生き返らせるが、地上に戻る途中で振り向いてしまったために再び連れ戻された。
  

オレアド/オレアス

Oread/Oreads

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Echoエコー  美しい声を持つニンフ。
ゼウスがエコーの友達のニンフと浮気し、彼女がそれを手助けしたためにゼウスの妻ヘラに罰を受け、他人の発言の最後の語しか話せなくなってしまう。
Oenoneオイノネ  ケブレンの娘で、イダ山のニンフ。
ワインの女性の意で、パリスの最初の妻。
Cynosura
/Cinosura
キノスラ  イダ山のニンフで、ゼウスの乳母。
ゼウスは感謝の証として、死後彼女を北極星とした。
Cyllene
/Kyllene
/Kyllini
キュレネ  キュレネ山のニンフ。
Pitysピテュス  パン神につきまとわれ、それから逃れるために、神々に松の樹に変えられたニンフ。
Britomartis
/Diktynna
ブリトマルティス
/ディクテュンナ
  ゼウスとカルメの娘。ブリトマルティスは甘美な乙女の意で、ディクテュンナは鋼の女神の意。
母カルメ同様クレタ島の女神だが、アイギーナ島の地方女神アパイアと習合される。また、山の狩猟の女神であることから、主人であるアルテミスともしばしば同一視される。
  

プレイアド/プレイアデス

Pleiad/Pleiades

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Asterope
/Sterope
アステローペ
/ステロペ
  アトラスとプレイオネの娘。アレスとの間にオイノマオスを設け、その妻となる。
Alcyoneアルキュオネ
/アルシオーネ
  アトラスとプレイオネの娘。アンテドンとの間にグラウクスを設ける。
Electraエレクトラ  アトラスとプレイオネの娘。コリトゥスの妻だが、ゼウスにそそのかされてダルダノスを設ける。
Celaenoケラエノ
/セレーノ
  アトラスとプレイオネの娘で、ポセイドンの愛人。同名のハルピュイアとは別物。
Taygete
/Taygeti
/Taigeti
タユゲテ  アトラスとプレイオネの娘で。タユゲトス山に棲んでいる百獣の女王。ゼウスに目をつけられたためアルテミスに頼んで金色の角を持つ雌鹿に変えてもらうが、やがて捕まりラケダイモンを孕む。
Maiaマイア  アトラスとプレイオネの長女。姉妹中最も美しく、内気。ゼウスとの間にヘルメスを設ける。
Meropeメロペ  アトラスとプレイオネの娘。シシュプスとの間にグラウクス王を設ける。
  

ドライアド/ドリアード

Dryad/Dryads

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Daphneダフネ  アポロンにつきまとわれ、月桂樹の女神になったニンフ。
  

メリアイ

Meliae

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Meliaメリア  オケアノスとテテュスの娘。そのためオケアニドに分類されることも。
兄弟のイナコスとの間にイオを設ける。
  

ヘスペリド/ヘスペリデス

Hesperid/Hesperides

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Aegleアエグル
/アイグレ
  眩しいの意。
ポルキュスとケトの娘とされる。
Arethusaアレトゥサ  ポルキュスとケトの娘とされる。
Erytheia
/Erytheis
エリュテイア
/エリュテイス
  赤の意。ポルキュスとケトの娘とされる。
個人名ではなく、ヘスペリデスの別称とも。
Hestiaヘスティア   
Hespera
/Hespere
ヘスペラ
/ヘスペレ
  黄昏の意。
Hesperia
/Hespereia
ヘスペリア  ポルキュスとケトの娘とされる。
Hesperusaヘスペルーサ   
  

オケアニド/オケアニス

Oceanid/Oceanids

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Achelousアケロオス  アケロオス川の神(男)。
心配事を洗い流す者の意で、ポセイドンの息子とも言われる。
Acheronアケロン  ステュクス川の支流のアケロン川の神(男)。
災難の川の意。
Asopus
/Asopos
アソーポス  川の神(男)。
メトペとの間にテーベを設ける。
Admeteアドメテ  ペルセポネの従者の1人。
Amaltheia
/Amalthea
アマルテイア
/アマルテア
  ゼウスの養母とされる。世話人の意。
山羊を所有、あるいはしばしば山羊そのものだともされ、その乳をゼウスに与えていた。
山羊(あるいはアマルテイア)は後に山羊座となり、その皮はイージスの盾の材料として用いられた。
Alpheus
/Alpheios
アルフェウス
/アルペイオス
  アルフェウス川の神(男)で、白っぽいの意。
アレトゥサと恋に落ち、泉となった彼女の水に流れ込んだ。
Inachusイナコス  イナコス川の神(男)。姉妹でもある妻メリアとの間にポロネウスを設ける。
また、イオの父であるとされる(母不明)。
  ウォルトゥルヌスVolturnusあらゆる水の神。
イタリアのヴォルトゥルノ川の名前の由来。
Eidyiaエイデュイア  オケアニドの末娘。知識の女神。
アイエテスの妻でメデイアとアブシルトスの母。
Eurynomeエウリュノメ  遠くに定めし者の意。
オピオンの妻で、カリテスの母。
Enipeusエニペウス  テッサリアにあるエニペウス川の神(男)。
テュロとの間にペリアスとネレウスを設ける。
Callirhoeカリロエ  大洋のニンフ。
クリュサオルとの間にエキドナ、ゲリュオンらを設ける。
  クリトゥンノClitunnoクリトゥンノ川の神(男)。
  クリニソスCrinisus川の神(男)。
Clytie
/Clytia
クリュティエ  アポロンに愛され、捨てられた娘。
やがてアポロンの航路(太陽)を見つめるようになり、その姿をひまわりに変えた。
Clymene
/Klymene
/Asia
クリュメネ
/アシア
  イアペトスの妻で、アトラス、プロメテウス、エピメテウス、メノイティオスらの母。
ティタン神族に分類されることも。
Cephissus
/Cephisus
ケフィソス  ケフィソス川の神(男)。
リリオペとの間にナルキッソスを設ける。
Cebrenケブレン  トロイ近郊のケブレン川の神(男)。
アステロペ(ヘスペリアとも。プレイアドのそれとは別)とオイノネの父。
Skamandros
/Scamander
スカマンドロス
/スカマンダー
  イダ山からトロイアの傍にかけて流れる同名の川の神。
イダイアとの間にテウクロスを設ける。
Zeuxoゼウクソ   
  ティベリヌスTiberinusテベレ川の天才と呼ばれるその川の神。
  ティベルタスTibertusテベレ川の支流アニオ川の神。
ティヴォリの建設者。
TycheテュケフォルトゥーナFortuna運の意で運命の女神。
Telesto
/Telestho
テレスト  成功を意味するニンフ。
Dorisドリス  ネレウスの妻で、50人のネレイドらの母。
Nilusニルス  ナイル川の神(男)。
Philyraピリュラ  芳香と記述と癒しと美と神の女神。人間に紙の製造法を伝えた。
ナウプリオスとの間に多くの子を設ける。
PloutoプルートプルートPlutoゼウスの間にタンタロスを設ける。
ローマ名ではギリシアのハデスに相当する冥界神と同名になるが、両者には全く関係はない。
Pleioneプレイオネ  キュレネ山に棲む海ニンフ。
アトラスとの間にプレイアド姉妹を設ける。
Peneusペネウス  ペネイオス川の神(男)。
Perse
/Persa
/Perseis
ペルセ  ラトビアのペルセ川のニンフ。
ヘリオスかアポロの妻で、アゲア、アイエテス、カリュプソ(同名のニンフとは別人)、キルケパシファエらの母。
Bolbeボルベ  ボルベ湖のニンフで、非常に美しいと言われる。
湖ニンフであるため、リムナドに分類されることもある。
Meliboeaメリボエア
/メリボイア
  ペラスゴスとの間にリカオンを設ける。
Meropeメロペ  ファエトン(父はヘリオスかクリュメノス。母はメロペかクリュメネ)の母とされる。
Lysitheaリシテア  ゼウスの愛人の1人。
Leuceレウケ  ハデスに見初められて冥界へと赴くが、不死の身でなかったために死んでしまう。
ハデスはその後、彼女の身をポプラへと変えた。
Rhodeロード  オケアニドの長姉で、ヘリオスの妻。
ロードス島の名前の由来で、その守護者。
  

ナイアド/ナイアス

Naiad/Naiads

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Aegleアエグル
/アイグレ
   
CastaliaカスタリアカスタリアCastaliaデルフォイ神託所の同名の泉のニンフ。
この水を飲むと詩歌の才能を得られる。
Creusaクレウサ  ペネウスの妻で、ラピテス王ヒュプセウスの母。
Cleochareiaクレオカレイア  ラコニア王レレクスの妻の川ニンフ。スパルタ王室の祖先。
Salmacisサルマキス  ヘルマフロディトスに一方的な恋をし、神々に頼んで彼と合体してしまったニンフ。半陰陽(両性)。
Styxステュクス  オケアノスとテテュスの長女(オケアニドに分類されることもある)で、ハデスが治める冥界にあるステュクス川のニンフ。
生者と死者の境界にある、いわゆる三途の川。不壊の誓いの意で、この川の水に浸かると不死になる。
Nomiaノミア  ノミア山脈のニンフ。
Bateiaバテイア  テウクロスの娘。スパルタ王オイバロスの妻で、ヒッポコーン、イカリウス、ティンダレウスらの母。
Periboeaペリボイア  イカリウスとの間にペネロペとペリラウスを設ける。
Meliteメリテ  ケルキラのアイガイオス川のニンフ。
  ララLaraアルモ川の神の娘で、美しくおしゃべりな娘。
Lilaeaリラエア  ケフィソス川のニンフ。リラエアの町の名前の由来。
Letheレテ  エリスの娘で、ハデスが治める冥界にあるレテ川のニンフ。忘却の意。
魂が生まれ変わる前にこの川の水を飲まされ、これにより全てを忘れるとされる。
  

クリネイ/クリネイエ

Crinae/Crinaeae

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Aganippeアガニッペ  テルネッソスの娘で、ヘリコン山にある同名の泉のニンフ。
この水を飲むと詩歌の才能を得られる。
  アッピアスAppiasウェヌス(ヴィーナス/アフロディーテ)の寺院の外にある泉のニンフ。
  

コリキアン

Corycian

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Kleodora
/Cleodora
クレオドラ  パルナッソスの母。
Corycia
/Korykia
コリキア  アポロンに愛されたニンフ。
コリキア洞窟の名前の由来。
Melainaメライナ  アポロンに愛されたニンフ。
黒の意で、地中のニンフの統括者。
  

セイレーン/セイレーネス/サイレン

Siren/Sirens/Seirenes

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Aglaophonos
/Aglaope
アグラフォノス
/アグラオペ
  見事な声を持つ女の意味。
Thelxiepia
/Thelxiope
/Thelxinoe
テルクシピア
/テルクシペ
/テルクシエ
  魅惑する女の意。
Telesテレス   
Parthenopeパルテノペ  処女の意。
Pisinoe
/Peisinoe
ピシノエ
/ペイシノエ
  惑わす女の意。
Molpeモルペ   
Raidneライドネ   
Ligeiaリゲイア  明るい声を持つ女の意。
Leucosia
/Lefkosia
/Lefkosa
レウコシア  白い女神の意。
  

ペガイア/ペガイアイ

Pegae/Pegaeae

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
  アルブネアAlbuneaティヴォリ近くの硫黄泉のニンフ。
Cassotisカソティス  デルフォイ神託所にあるカソティス泉のニンフ。
  

リムナド/リムナデス

Limnad/Limnades

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Nikaiaニカイア  自らの保護者であるヒュムノスに熱愛されるが、アルテミスの従者であることで苦しみ、彼の心臓を矢で貫いて殺してしまう。
エロスは罰として、ディオニュソスが彼女に恋をするように仕向ける。
ニカイアは長い間抵抗するがやがて折れ、テレテを設ける。
テレテは後にディオニュソスの従者となる。
なおニカイアは、同町名の由来。
Limnaeeリムナイ  ガンジス川の娘で、インドの湖のニンフ。
息子のスレインをペルセウスに殺される。
  

ネレイド/ネレイス

Nereid/Nereids

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Arethusaアレトゥサ  後にアルテミスによって泉となったニンフ。水の意。
AmphitriteアンフィトリテサラキアSalaciaネレウスとドリスの娘で、ポセイドンの妻。
アポロドロスの著ではオケアノスとテテュスの娘(→オケアニド)とされるが、そこでもネレイドに分類されている。第3の元素(→海)の意の海の女神。
ローマ神話のサラキアとは直接イコールではないが、ネプトゥヌス(ポセイドン)の妻ということで対応づけられる。
Galateaガラティア  乳白の意のシチリア海のニンフ。
ポリフェモスに愛されるが彼女自身はアーキスを愛しており、それを妬んだポリフェモスがアーキスを殺してしまう。
Thetisテティス  銀の足のテティスと呼ばれる。テテュスとは名前が似ているが、そちらはテティスの祖母で別人。
プティア王ペレウスの妻で、アキレスの母。
息子アキレスを死なせまいと彼をステュクスの水に浸したが、手に持っていたアキレス腱だけが不死にならず、それが原因でアキレスは命を落とした。
Dynameneデュナメネ  ペルーサと共に、海洋の大波に関係するとされるニンフ。
Thoosaトオーサ  ポセイドンの愛人で、ポリュフェモスの母。
Panopea
/Panope
/Panopaea
パノペア
/パノペ
/パノパエア
   
Psamatheプサマテー  アイアコスの愛人で、ポーコスの母。
Pherusaペルーサ
/ペルサ
  運ぶ者の意で、デュナメネと共に海洋の大波に関係するとされるニンフ。
Lycoriasリコリアス  金色の髪を持つニンフ。
Lotisロティス  プリアポスに犯されそうになったため、自らをロトゥス(ナツメ属、クロウメモドキ科の樹)に変えたニンフ。
  

その他のニンフ

Unknown nymphs

ギリシア名ローマ名摘要
英語日本語日本語英語
Acanthaアカンサ  トゲの意で、アカンサス(ハアザミ)のニンフ(※男)。
アポロン(※男)と互いに愛し合っており、アポロンはアカンサの死後、彼を薬草に変えた。
アカンサの妹アカンシスは彼の死に非常に取り乱し、他の神によってフィンチに変えられた。
Adamantheaアダマンテア  赤ん坊のゼウスを彼の父クロノスの目から覆い隠したニンフ。
Adrasteia
/Adrastia
/Adrastea
/Adrestea
アドラステイア  メリッセウスの娘。レアの命で、姉妹のイダと共にゼウスを育てたニンフ。
避けられない運命の意。
CanensカネウスカネウスCanens歌の象徴で、イタリア中部の地域ラティウムのニンフ。
彼女の夫ピクスは魔女キルケの愛を拒んだためにキツツキに変えられてしまう。
行方知らずとなった夫を探して回ったカネウスは、最後の歌を歌い終わったところで死んでしまう。
  カルナ
/カルデア
Carna
/Cardea
ドアの旋回軸を意味する風に関連するニンフ。
彼女を愛したヤヌスが、カルナにドアの蝶番とノブ(つまり門)の支配権を与えたとされる。
吸血鬼と魔女から子供達を護る女神。
Charicloカリクロ  ケイロンの妻で、オキュロエとティレシアスの母。
Charybdis
/Kharybdis
カリュブディス  ポセイドンとガイアの娘で、渦巻きの象徴の海のニンフ。
父ポセイドンの領海を氾濫させた罪でゼウスに怪物に変えられた。
ニンフとしてより、怪物としてのイメージが強い。
Crataeisクラタエイス  海の怪物スキュラの母のニンフ。
Cyaneキュアネ  シチリアの湖のニンフ。
ハデスがペルセポネを誘拐しようとしたのを防ごうとした。
Despinaデスピナ  ポセイドンとデメテルの娘で、情婦または女王の意。
Haliaハリアー  ポントス(またはウラノス)とガイアの娘。
ポセイドンとの間にロードを設ける。
Hegetoriaヘゲトリア  オキモスの妻。娘キューディッペと、息子ケルカポスの母。
Idaイダ
/イーデー
  メリッセウスの娘。
レアの命で、姉妹のアドラステイアと共にゼウスを育てたイダ山のニンフ。
Idaeaイダイア  イダ山のニンフ。スカマンドロスの妻で、テウクロスの母。
Iodameイオダメ  ボイオティア地方のニンフ。
ゼウスとの間にテーベ(ニンフのテーベとは別人)を設ける。
Iphimedeiaイピメデイア  トリオパスの娘。ポセイドンの妻で、アロアダイ、オトス、エピアルテスらの母。
  ユトゥルナJuturna泉や湧き水や井戸のニンフ。
ヤヌスの妻で、フォントゥスの母。
Kalypso
/Calypso
カリュプソ  アトラスの娘の海ニンフで、ナウシノウスの母。
オデュッセウスを7年間足止めする。
  ラルンダLarundaユピテルとユトゥルナの関係をユノに告げ口したためにユピテルに舌を抜かれ、更にプルートの治める冥界での任を命じられた冥界の女神。
Liriopeリリオペ  ケフィソスとの間にナルキッソスを設ける。
Metopeメトペ  ラドンの娘。アソーポスの妻で、ニンフのテーベの母。
Minthe
/Menthe
/Mentha
/Mintho
メンテ  ハデスが治める冥界の川、嘆きの川コキュートスのニンフ。
ハデスの浮気相手だが妻ペルセポネにばれ、彼女に踏みつけられてミントになる。
Nepheleネフェレ
/ネペレ
  雲のニンフ。
アタマスの妻で、プリクソスとヘレの母。
Orphneオルプネ  ハデスの治める冥界に棲むニンフで、闇の意。
アケロンとの間にアスカラプスを設ける。
Thebeテーベ  アソーポスとメトペの娘で、ゼトスの妻。ゼウスに愛される。
Circe
/Kirke
キルケ  ヘリオスとペルセの娘。アイアイア島の支配者で魔女。
人間を魔法で家畜に変えて弄ぶ。