[トップ][もどる]
メダル/メダイユ(/おめだい)
Medal(英)/Médaille(仏)/Medaglia(伊)/Medaille(独)
メダリオン
Medallion(英)/Médaillon(仏)/Medaglione(伊)/Medaillon(独)

 硬貨記念貨幣(コイン)を除く、それに類似した延べ板
功績を上げた者に授与されたり、あるいは芸術品として作製されます。
序列をつける目的では金、銀、青銅が一般に用いられますが、通貨としての価値を持たせる必要がないために、それ以外の金属や石、木、ガラス、磁器、プラスチックなど様々な素材が用いられます。
形状も財布での携行を考える必要がないため、円形以外にも四角形や星型など、様々なタイプが存在します。

 メダルの語源は、「古代ローマの銀貨デナリウスの半分の価値がある硬貨」を意味するラテン語の「Medalia」より。
メダリオンはギリシア語で「鉱山」を意味する「Métallon」から転じた「金属」を意味するラテン語「Metallum」より。
この「Metallum」は、「金属」を意味する英語「メタル(Metal)」の語源でもあります。

 メダルは硬貨程度の大きさのもので、軍事勲章代用貨幣、コレクターズアイテムなどがこれに該当します。
一方メダリオンは「大メダル」とも訳される大型のもので、主に美術観賞用の置物がこれに該当します。
観賞の際はテーブルに置いて飾られることが多いので、「テーブルメダル」とも呼ばれます。

 語「メダリオン」は「ロケット」を指す言葉としても用いられるためか、「首にかけるメダル」全般を指してこう呼ばれることもあります(「大メダル」の定義としては誤り)。
なおオリンピックのメダルは比較的大型で首にかけるものですが、これは「メダル」と呼ばれます。