[トップ][もどる]
デュランダル/デュリンダーナ
Durandal(仏)/Durandal(英)/Durendal(英)/Durlindana(伊)/Durendal(独)

 『ローランの歌』に登場する筆頭パラディン、ローランの剣。
一般に黄金のを持つ両刃の片手剣であると言われ、今もなおフランスに現存するとも言われています。

 剣の起源については諸説あり、主だったもので以下の通り。
かつてトロイの英雄ヘクトル(※1)が所有、後にアルモントという騎士の手に渡り、それをローランが倒し奪った。
妖精が鍛え、ローランに与えられた。
天使からローランに授けられた。
カール大帝シャルルマーニュの剣ジョワイユーズ(※2)、オジエの剣カーテナらと同じ材料、同じ炉で作られた兄弟剣。
なおデュランダルのには、聖人たちの遺物が入っていると言われます。
※1ギリシア神話のトロイ戦争の項に登場する架空の人物。
ただしモデルとなったであろう都市が発見されており、トロイ戦争の頃で推定年紀元前1,250年前後。
※2ジョワイユーズのには制作時にロンギヌスの槍の穂先を入れられたとされ、であるならば制作年は少なくとも紀元30年頃以降。

 自らの死に際し、敵の手にデュランダルが渡ることを恐れたローランは、大理石の岩に打ち付けて剣を破壊しようとします。
しかしその岩の方が真っ二つに割れてしまったため、仕方なくローランは剣を谷底へと放り捨てました。