[トップ][もどる]

プレートメイル
Plate Mail(英)/Plate Armor(英)/Armure de Plates(仏)/Armatura a Piastre(伊)/Plattenpanzer(独)
コンポジットアーマー
Composite Armor(英)/Armure Composite(仏)/Armatura Composita(伊)
〜20kg

プレートアーマー
Full Plate Armor(英)/Armure de Plates Complète(仏)/Armatura a Piastre Completa(伊)/Vollständigen Plattenpanzer(独)
〜25kg

フィールドアーマー/フットコンバットアーマー
Field Armor(英)/Foot Combat Armor(英)
35kg〜40kg

 プレートメイルは下にチェインメイルなどを着込み、その上から板金鎧のパーツを革紐で連結するなど(コンポジット)して着込んだ状態。
単に「Plate Armor」と呼んだ場合、こちらを指す例が多く見られます。

 プレートメイルは武器の発達によってそれまで主流だったチェインメイルでは防ぎきれなくなり、重要な部分(特に胸部)を補強する目的で行われました。
全身を板金鎧でカバーするよりは軽く動きやすいのが利点ですが、板金鎧で覆われていない部分がやはり弱点となります。


 プレートアーマーは、正式には「フルプレートアーマー」と言います。
こちらは全身を完全に覆った一体型の鎧で、間接部分も蝶番尾錠、掛け金などで連結されます。
遊びがなくなるため完全に装着者の体格に合わせる必要があり、そのため製作は個人個人に合わせたオーダーメイドに限られていました。

 防御能力こそ上がりますが当然重く動きづらくなり、一度倒れると自力では起き上がれないこともあって、使用者は後方の指揮官クラスに限られます。
なおその防御能力も刀剣類にはほぼ無敵ですが、クロスボウ、至近距離でのマスケット銃には貫かれてしまいます。


 フィールドアーマーおよびフットコンバットアーマーは、プレートアーマーと同じく全身一体型鎧です。
違いは、プレートアーマーは可動部の保護にチェインメイル 生地が使われていたのに対し、これらは完全に板金で覆われています。
つまり、真の意味での全身板金鎧と言えます。

 フィールドアーマーは騎兵用、フットコンバットアーマーは歩兵用ということなのですが、実際には戦場で用いられることはまずなく、騎士間の試合(トーナメント)で使用されるのみでした。