[トップ][もどる]
壊血病
Scurvy(英)/Scorbut(仏)/Scorbuto(伊)/Skorbut(独)

 ビタミンCの欠乏によってコラーゲンや象牙質などの生成ができなくなり、皮膚や粘膜、骨や軟骨とその結合組織維持できなくなることによる自然治癒遅延や体内外での出血症状
最低でも3ヶ月以上に亘るビタミンC欠乏によって引き起こされるもので、大航海時代の折に乗組員らが大量発症、死亡することでその存在が知られるようになりました。

 ビタミンCは果物や野菜に多く含まれ、一方で穀類、豆類、ナッツ類、乳製品、魚介類にはほとんど含まれません(一部例外あり)。
当時の船内の食事は保存技術の都合により、ハムや干し肉乾パンチーズ、現地調達した魚介類であったため、ビタミンCの欠乏は避けられない状況にありました。
ハムや干し肉にはそれなりに含まれますが、長期的に見れば充分な摂取量とはならない上、それらを食べることが許されるのは一部の乗組員だけでした。
しかしその一部の乗組員が壊血病になりにくかったことから、食事が原因であるという発見に繋がりました。

 ビタミンCは溶けやすい、壊れやすいとしてよく知られますが、水に溶けてもその水ごと飲めば問題ありませんし、酸化(空気接触や加熱による化学変化)はするものの体内で還元され本来の働きをすることが分かってきています。
すなわち青果を長期保存さえできれば予防できることになり、実際イギリスではライムジュース、ドイツではザワークラウト(キャベツの漬物)といった形でこれを実現しています。