[トップ][もどる]
レンバス/レムバス/コイマス
Lembas(シンダール)/Lenn-mbass(古シンダール)/Coimas(クウェンヤ)

クラム/たらふく
Cram(英)

 レンバスとは、J・R・R・トールキン著『指輪物語(The Lord of the Rings)』(1,954〜1,955)およびその関連作に登場するエルフの携帯食料。
Lenn-mbass」は「旅のパン(Journey Bread)」、「Lembas」は「行糧(Waybread)」、「Coimas」は「命のパン(Life-bread)」の意。
大変貴重なもので、エルフの王妃のみが貯蔵および付与の権限を持ちます。

 非常に薄く(※1)軽く持ち運びがしやすく、1枚食べれば1日歩き回ることができ、包装用の葉に包まれた状態であれば割れない限りは保存が利き、走りながらでも食べることができ(※2)、その上とても味が良いものであるとされます。
The Lord of the Rings Online出自のレシピとも併せると、「粗挽き小麦粉、シロツメクサの、生クリーム、水を混ぜ合わせたものをオーブンで二度焼きし(※2)、マルローン(≒ブナ)の葉で包んだ四角いビスケット」となります。
現代の栄養調整食品(バランス栄養食)のブロックタイプが、これに近いものと思って良いでしょうか。
※1映画版では1cmくらいの厚さ。
1枚で1日分のカロリーを得られることや、上記材料で充分な強度を得るのであれば、実際そのくらいは必要となるでしょう。
※2「走りながらでも食べられる」というのはが足りなくてもにつっかえない、しっとりしているという意味だという見方もあります。
二度焼きし水分を飛ばしてなおしっとりしているということは、それだけ油分が多いということになります。


 クラムは同作品群に登場する人間の携帯食料で、見た目は似ていますが味は良くないとされます。
Cram」は英語で「無理に詰め込む」という意味で、「空腹を満たすために仕方なく食べるもの」というニュアンスが含まれます。
こちらに関しては粗悪乾パンやビスケットの類と思ってほぼ相違ないでしょう。