[トップ][もどる]
試金石
Touchstone(英)/Pierre de Touche(仏)/Pietra di Paragone(伊)/Prüfstein(独)(/Probierstein(独))

 貴金属純度や宝石の真偽を確認するために用いる石版
金の純度を測るために用いる試金石は密度の高い石英質の黒い石で、これは黒い碁石を作るのにも用いられています。
碁石を厚さ1cm以上の板状にしたものと思ってください。

 記録上では1世紀に記されたプリニウスの『博物誌』に登場するのが恐らく最古で、この頃既にルビーを鑑定するための道具として常用されていたことが伺えます。
それ以前の明確な起源は不明。

 金や銀を試金石でこすると、削れた金属が薄い線を描きます。
純度の判っている貴金属を予めこの試金石でこすって指標とし、調べたい貴金属と色を見比べることで貴金属純度を測ります。
熟練も必要ですが、この方法で0.5%単位の精度で純度を割り出すことができます。

 ルビーの場合は、試金石で削れるかどうかで偽物(ガラス)かどうかを判別します。