[トップ][もどる]
降霊術死霊魔術
Necromancy(英)/Nécromancie(仏)/Negromanzia(伊)/Totenbeschwörung(独)

 死者の霊を自身の体に降ろし、その言葉を生者に伝える技術。
といっても現代のそれのように故人を懐かしむためのものではなく、死者らが持つ知識とそれに基いた助言を得る目的で使用されていました。

 Necromancyは主にペルシア人によって用いられていた占術で、エジプト、ギリシア、ローマ、バビロニアなど広く古代ヨーロッパででその使用の痕跡が見られます。
語源はギリシア語で「Nekrós(死者)」+「Manteía(予言/占い)」の合成語で、3世紀のアレクサンドリアでの使用が現存する最古の記録となります。

 ゲームなどでは死体を操ったり、その他死者に関係、または連想させる系統の魔法として扱われる例が見られますが、現代に至るまでそのような用法は現実にはありません。
なおその場合、魔法およびその使い手は邪悪な存在として定義されます。