[トップ][もどる]
サレット/サラード
Sallet(英)/Salade(仏)/Bigoncia(伊)/Schaller(独)
2kg〜3kg

 サレットは、主に15世紀のイタリアやドイツで使用された兜です。
後部がになっているのが特徴で、一般的なものは、『スター・ウォーズ』のダース・ベイダーの兜のような形状をしています。
ただしシンプルなものでは亀の甲羅のようなものから、ただのヘルメットに飾りのをくっつけただけのようなものまで様々な形状が存在します。
バイザーの有無もまちまちで、共通する特徴はその末広がりの程度です。

 サレットはその構造上着用者を選ばないのが特長ですが、その反面、首の守りがおろそかになるという欠点も兼ね備えています。
これを補うため、「ベフォーア(Bevor(英))」というゴルジェの一種である当てを併用することが多いようです。
これはゴルジェを鼻のあたりまで覆うようにしたもので、これにより目以外の頭部を完全に覆うことができるようになります。

 余談ですが、サレットはサラダ(Salad(英)/Salade(仏)/Salat(独))の語源であるという説があります。
サラード(サレット)そのもの、あるいはそれに似たボウル型の器に盛った生野菜料理ということで、料理名を兜の名を取ってサラドとしたということです。
他にはラテン語で「塩」を意味する「サラタ(Salata)」が語源だとする説があり、2説の内ではこちらのサラタの方が有力です。