[トップ][もどる]
カトラス/カットラス
Cutlass(英)/Sabre d'Abordage(仏)/Sciabola d'Abbordaggio(伊)/Entermesser(独)
50cm〜60cm、1,200g〜1,400g

 15世紀のヨーロッパが発祥の、片刃曲刀短剣。刃先の1/3が両刃となっているタイプ(擬似刀)もあり、こちらは片刃のものと比べてやや幅広です。
本来は船乗りの日用品で、雑用に使用されていました。もちろん、非常時には戦闘にも用いられます。これが転じて、海賊用の常用武器となっています。
 なお、姉妹品である陸上用の帯刀ククリと呼ばれます(形状は全く異なります)。

 なぜかシミターと混同視されることが多いようなのですが、元々船上の雑用にと考慮されているので長剣ではあり得ませんし、ヨーロッパの剣ですので、「アラビア風」という説明は明らかに間違いです。