[トップ][もどる]

王冠宝冠
Crown(英)/Couronne(仏)/Corona(伊)/Krone(独)
Coronet(英)/Adelskrone(独)
Circlet(英)

 王や諸侯が、権力の象徴として被る
アケメネス朝ペルシア(紀元前550〜紀元前330)の皇帝が着けていた革製のディアデム(Diadem≒ティアラ)が前駆で、その後その風習がローマ帝国に伝わったと言われます。
当初のは革や布などで作られていましたが、後に金と宝石が多用されるようになりました。

 童話に登場するようなミルククラウン状のをサークレット。サークレットに布製の帽子が組み合わさったものをコロネット。そのコロネットの帽子部を保護するアーチが取り付けられたものをクラウンと呼びますが、通常はそれほど厳密に呼び分けはされませんし、英語圏以外のほとんどの国では、区別する用語も存在しません。

 クラウンは大きく重いので、戴冠式などの重要な儀式の時のみ用いられます。
コロネットは儀式正装であり、貴族の階級によってデザイン(放射数と形状、玉の数とサイズ)が規定されています。
サークレットは略装で、通常の業務はこれで行います。